もしもの時のひざサポートコラーゲン

"健康食品「ひざサポートコラーゲン」について機能性表示食品の制度の観点から考えます。 "

RSS 2.0

「ひざサポートコラーゲン」のようなサプリは全て機能性表示食品?

ひざサポートコラーゲンのようなサプリメントがすべて機能性表示食品ではありません。

そうでないと効き目がないというわけでもありません。

説明しましょう。

■すべてが機能性表示食品である必要はない。

ひざサポートコラーゲンのようなサプリがすべて機能性表示食品とは限りません。

機能性表示食品になるかどうか、資格を取得するかどうかはメーカーの自主性に任されています。

既存の製品でそれなりに実績を積んでいるものは、機能性表示食品の手続きをしなくても良いという判断があるでしょう。

売上が伸びなくなった商品や、ひざサポートコラーゲンのように新しく市場に投入する商品は、お金と時間をかけて機能性表示食品の資格を取得しても価値があります。

そんな判断だと思います。

■効き目と機能性表示食品の資格は無関係。

機能性表示食品でないと効き目がないというわけではありません。

効き目になる根拠を説明できないだけで、ユーザーがメーカーのその商品を信じて購入するかどうかです。

機能性表示食品の資格を取得するには、消費者庁が定めるいくつかの条件をクリアする必要があり、その多くは科学的根拠です。

ひざサポートコラーゲンにはどんな機能性があって、どのように効くのか。

それを証明するためのヒトを使った臨床実験は行ったか、臨床実験の結果はどうだったかなどです。

■企業にはいろいろな販売戦略があり、大きくなると社会的な責任も果たさなければならなくなります。

機能性表示食品はその重要なツールです。

ひざサポートコラーゲンのように人気のある商品になると、消費者からは「ホントに効くのか」といった質問が多く寄せられるようになります。

その質問に答えられるようにするのも社会的責任です。

機能性表示食品の資格があれば、広告でもそれを科学的な根拠から説明できるようになります。

OFF
admin