もしもの時のひざサポートコラーゲン

"健康食品「ひざサポートコラーゲン」について機能性表示食品の制度の観点から考えます。 "

RSS 2.0

なぜ「ひざサポートコラーゲン」は機能性表示食品なのですか?

どうして「ひざサポートコラーゲン」は機能性表示食品になったのでしょう。

ただのサプリメントのままではダメなのでしょうか。

経緯なども含めて理由を考えてみましょう。

■他のグループの既得権益を守るため?

ひざサポートコラーゲンはもちろん、どんな商品にも、世の中に出した以上は、より良く説明して、できるだけたくさんの人に買って欲しいという思いが込められています。

サプリメントと呼ばれる類の商品はこれまで厚生労働省や消費者庁には無視され、それとは逆に公正取引委員会には睨まれつづけてきました。

商品の機能性さえ説明することが許されなかったのです。

医薬品やトクホ(特定保健用食品)、栄養機能食品といった国が定めた別のグループの既得権益を守るためです。

■業界が大きくなってようやく聞く耳を貸した。

しかしサプリメント市場は、お役所の思惑とは裏腹に業界としての実績が好調で、年々市場規模を伸ばし、身体の健康や体調の不具合を改善させた人も大勢を占めるようになりました。

業界が大きくなって国に税金をたくさん納めるようになると、国は業界の言う事を聞くようになります。

また健康志向の高まりは、国の負担である医療費の削減にもつながります。

そのようなわけで仕方なくつくった枠組みが「機能性表示食品」という第3の枠組みです。

■ひざサポートコラーゲンは、サプリメントであることには変わりなく、効き目も同じ。

より多くの人に機能性や効果を説明できるようになった食品です。

機能性表示食品の資格を取得すると、たとえばひざサポートコラーゲンにはこんな機能がある、こんな効能・効果が見込めるなど、科学的な根拠から詳しく商品の中身をうたえるようになります。

そうすることで多くの人に納得してもらえ、より多く売れるようになるのです。

サプリメントであることには変わりなく、効き目も同じです。

OFF

Categories: 食品制度

admin